Charity

ガーナ共和国で縫製スキル向上を通した女性の自立支援

Ghana(Akateng)

ヴィリーナ・女の子のエンパワーメントプロジェクト

2023年の支援金活動の報告

ガーナ共和国で縫製スキル向上を通した女性の自立支援

2023年7月~2025年3月

2,400,000円(ヴィリーナ支援分)
ヴィリーナ・女の子のエンパワーメントプロジェクト

若い女性の自立を支援

公益財団法人 ジョイセフは、ガーナの若い女性の自立を支援するため、アッパー・マニャ・クロボ郡で縫製技術研修を行っています。地域から選出された6名の女性たちが、縫製技術指導者の下で2年間の実地訓練を受けるために必要な費用とミシンや材料のほか、会計管理研修を提供しています。指導者と研修生の女性たちには、身につけた縫製技術で商いをするための資金が貸し出され、それを使って得た収益の一部は、「コミュニティエンパワーメントによる母子保健推進プロジェクト」で建設したマタニティハウス(※2)の今後の維持管理費に充てられます。現在2名の縫製技術指導者のもと、6名の若い女性が縫製技術を学んでいます。


(※2)ガーナ初のマタニティハウス。
マタニティハウスとは、出産を控えた女性が陣痛が始 まる前から分娩施設の近くで待機できる宿泊棟。
アフリカ南部の国ザンビアなどで取り入 れられ、安全な出産のための一助となっている。




裁縫の研修を受けている女性たち




裁縫教室の様子




女性たちに縫製を教えている技術者




販売するためのスカートを制作した女性



FROM CEO Ai Aoki

地域から選ばれた6名(16歳~21歳)は、各宗教や出身部族の偏りがないよう、バ ランスに配慮して選出されています。 3つの部族から、2名ずつ。ということは、技術と知識が偏ることなく、地域全体に ジワジワと広がるということです。 さらにこの6名は、それぞれ必ず後輩1名に技術と知識を伝えることを約束しておりまして、 6名がさらに12名に増えるという広がりも期待しています。 写真をご覧頂くと女の子の髪型と服装が、部族と宗教によって異なることが分かります。 まったく新しい初めての試みですが、ガーナの女の子たちの恒久的な自立支援として これほど有意義なものはないと感じています。 ジョイセフさんのご協力と実行力に心より感謝申し上げ、ヴィリーナとしても変わらず支援を 継続して参りたいと思います。

商品カテゴリ

SALE

LADIES

NAVY style

お受験

MATERNITY/KIDS

LIFE

EVENT

WEB SHOP

0120-916-631
平日:10時~17時

お問い合わせ

下記にメールアドレスを入力をください。
登録完了後、ご入力いただいたメールアドレスに、ご登録確認メールをお送ります。(ご登録前にメールの受信設定のご確認をお願いします)

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ