Charity

ヴィリーナの支援活動報告9 ミャンマー助産院兼診療所建替え

Myanmar(Burma)

ミャンマー助産院兼診療所を建替え

2016年6月〜2018年5月の支援金活動の報告

無電化地区マタニティハウスへソーラーパネル寄贈

完成したミャンマー助産院兼診療所

2016年6月-2018年5月

4,200,000円(一部ジョイセフ別資金を含む)
ミャンマー、ヤワディ地域の助産院兼診療所を建て替え

ミャンマーのヤワディ地域(人口:16万4720人、妊婦:3338人、5歳未満:1万4720人)では、雨期になると浸水の被害が出る場所が多く、妊産婦にとって保健サービスのアクセスが限られています。 助産院兼診療所は、ミャンマーでは一番小さく、住民に最も近いところにある政府の保健施設です。 助産師が1人で、保健サービスを提供していますが、施設が整えば通常分娩を行う事ができるレベルの建物です。しかし、政府の予算は限られていて、建設依頼数十年を経て劣化していても、改修の目途が立てられていませんでした。 当初、改修の予定でしたが、建て替え計画に変更となりました。建て替えが完成した『ミャンマー助産院兼診療所』は、その周りの50農村の拠点となり、妊婦さんや女性の教育も含め、地域の中心となる建物として使用されます。 さらに、診療所で働くスタッフが寝泊まりする小部屋建設寄付も決めさせて頂きました。

(上)ヴィリーナ10周年パーティーで、ゲストの皆様と支援先を決めました。
(下)開所式の様子



  • 2019.10.16
  • 17:20

ヴィリーナの支援活動報告8 ザンビアマタニティハウス補修および、無電化地区ソーラーパネル寄贈

Zambia

ザンビアのマタニティハウス1号、2号の補修および、無電化地区マタニティハウスへソーラーパネル寄贈

2014年6月〜2016年5月の支援金活動の報告 その2

無電化地区マタニティハウスへソーラーパネル寄贈

無電化地区にあるマタニティハウスにソーラーパネル

ザンビアのマタニティハウス1号、2号の補修を行い、そして無電化地区にあるマタニティハウスに、ソーラーパネルを寄贈しました。


(上)ザンビアの妊婦さん
(下)マタニティハウス、母子保健棟、助産師の住居にも灯りがつき、安心して明るい部屋で出産ができるようになりました。





  • 2019.10.16
  • 17:20

ヴィリーナの支援活動報告7 ザンビア母子保健推進員(SMAG)活動支援

Zambia

ザンビア母子保健推進員(SMAG)活動支援

2014年6月〜2016年5月の支援金活動の報告 その1

ザンビア母子保健推進員(SMAG)の活動を支援

ヴィリーナが制作・寄付させていただいたTシャツを着たSMAGのスタッフ。



SMAGのTシャツを作り、150枚を寄付

現地の住民の中から選定された150人は、ジョイセフで行われるプログラムで、リプロダクティブヘルス教材を使った教育を受け、地域の啓蒙活動を行っています。
ヴィリーナは、SMAGの新デザインのTシャツを作り、150枚を寄付させて頂きました。  SMAGのメンバーは、地域の産前産後検診の促進。家族計画、男性参加を促すなど ただ「お金」を寄付しただけでは叶わない抜本的な地域の女性の地位向上に努めています。

  • 2019.10.16
  • 17:20

ヴィリーナの支援活動報告6 タンザニア出産施設改修工事

White Ribbon Vol.3

【第3弾】タンザニアにある出産施設「Maternity Ward」改修工事

ジョイセフ × ルイ・チャームストロング × ヴィリーナマタニティ 3社コラボ ホワイトリボン携帯ストラップ支援活動として、2010年3月〜12月に3社コラボで制作したホワイトリボン携帯ストラップを販売し、ジョイセフ(公益財団法人)に寄付する支援活動を行いました。

ジョイセフ × ルイ・チャームストロング × ヴィリーナマタニティ 3社コラボ ホワイトリボン携帯ストラップ支援活動

タンザニア、ShinyangaにあるNindo Health Centreに隣接する出産施設「MASSAGA MATERNITY WARD」

【第3弾】販売期間 : 2010年7月-12月

469,000円
内訳 :
ストラップ84本 420,000円
(商品1本につき5,000円を寄付)
オリジナルチャーム単体49個 49,000円
(全額1,000円を寄付)

寄付金用途 / 全額タンザニアにある出産施設「Maternity Ward」改修工事に使われました。

ダルエスサダムから北西方面へ約1,200キロほど離れた「Shinyanga(シニャンガ)」という地区にある「Nindo Health Centre(ニンドヘルスセンター)」。そこに隣接する、出産施設「Maternity Ward」の改修工事に使われました。タンザニアの中でも女性が一生に子どもを持つ数が最も多い地域のニンド郡にあるムワルクワ村の診療所に、安全に出産、また産前産後健診ができる施設造りに支援させていただきました。

  • 2019.10.16
  • 17:20

ヴィリーナの支援活動報告5 ザンビア妊産婦支援

White Ribbon Vol.2

【第2弾】ザンビアの妊産婦さんを支援

ジョイセフ × ルイ・チャームストロング × ヴィリーナマタニティ 3社コラボ ホワイトリボン携帯ストラップ支援活動として2010年3月〜12月に3社コラボで制作したホワイトリボン携帯ストラップを販売し、ジョイセフ(公益財団法人)に寄付する支援活動を行いました。

ジョイセフ × ルイ・チャームストロング × ヴィリーナマタニティ 3社コラボ ホワイトリボン携帯ストラップ支援活動

【第2弾】販売期間 : 2010年4月-5月

210,000円
内訳 :
ストラップ30本 150,000円
(商品1本につき5,000円を寄付)
オリジナルチャーム単体60個 60,000円
(全額1,000円を寄付)

寄付金用途 / 全額をザンビアの妊産婦さんに支援させていただきました。

ジョイセフ(公益財団法人)主催のイベント「モードフォーチャリティー」のご要請を頂き、ザンビアの妊産婦さんに支援させていただきました。

  • 2019.10.16
  • 17:20

ヴィリーナの支援活動報告4 アフガニスタン妊婦支援

White Ribbon Vol.1

【第1弾】アフガニスタンの妊婦さんを支援

ジョイセフ × ルイ・チャームストロング × ヴィリーナマタニティ 3社コラボ ホワイトリボン携帯ストラップ支援活動として2010年3月〜12月に3社コラボで制作したホワイトリボン携帯ストラップを販売し、ジョイセフ(公益財団法人)に寄付する支援活動を行いました。

ジョイセフ × ルイ・チャームストロング × ヴィリーナマタニティ 3社コラボ ホワイトリボン携帯ストラップ支援活動

【第1弾】販売期間 : 2010年3月-5月

600,000円
内訳 :
ストラップ100本 500,000円
(商品1本につき5,000円寄付)
オリジナルチャーム単体100個 100,000円
(全額1,000円寄付)

(上)アフガニスタンに建てられた待合室(下)今では地域の教育やコンミュニティ活動の場になっています。



寄付金用途その1 / 400,000円でアフガニスタンの妊婦さんや女性のための待合室が建ちました。

アフガニスタンはナンハガール州、ベスード県にあるカレゼ・カビール診療所に待合室が建てられました。それまではクリニックに待合室はなく、夏は40度〜50度、冬は氷点下になり、クリニッで検診を受ける際、長時間外で待つ間に途中で体調を崩す妊婦さんが多発していました。そのため、クリニックでの検診を断念せざるをえない厳しい状態でした。しかし、環境が改善され、現在はこの待合室が地域の女性達の拠点となり、リプロダクティブヘルスをセミナー形式で伝えたりと活用されています。

寄付金用途その2 / 200,000円でアフガニスタンの女性400人へ1ヶ月分の葉酸とマルチビタミンが支給されました。

アフガニスタンでは、産前産後の女性の葉酸とマルチビタミンが不足しています。 500円あれば、アフガニスタンの1人の女性に1ヶ月分の葉酸とマルチビタミンを提供することができます。今回の寄付金で400人の妊婦さんに配ることができました。

  • 2019.10.16
  • 17:19

ヴィリーナの支援活動報告3 石巻×VIRINAプロジェクト

Ishinomaki x VIRINA

東日本大震災支援活動 vol.2
石巻×VIRINAプロジェクト

期間 : 2012年12月21日より開始し2019年10月13日現在、終了しております。

ヴィリーナ東日本大震災支援活動2 ヴィリーナ東日本大震災支援活動2

石巻市の現状とプロジェクト主旨:

こちらのIDホルダーは、2011年3月11日東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市に暮らすママ達が制作しました。
人口16万人の石巻市では、4千人に近い人的被害と全壊、半壊、床下床上浸水を合わせて7万1千世帯の住家被害があり、震災から2年近く経った今でも、16,523名(H24.9.1現在)の方が仮設住宅で暮らしています。とても「復興できた」とは言えない状況です。 「ママや妊婦さん」は、「大人の女性」のため支援が後回しになりがちです。ですが、お子様を抱え、生活を立て直すために必死に動いていらっしゃるのは、やはり「ママ」だとVIRINAは考えております。

女性が明るく、生き生きと生活できる街になってこそ、本当の復興と呼べるのかもしれません。
ママの笑顔は、子供も笑顔に変えます。活気がある街には、女性の笑顔が沢山溢れています。そして本当の笑顔が戻るために必要なことは、生きる力と自信だと思います。内職によって生まれた「仕事」で、地元の経済を回していく。
小さな一歩だとは思いますが、このプロジェクトで沢山の幸せをママ達にも、そして子供達にも届けられるよう、皆様のご協力、ご支援を賜れれば幸甚でございます。

  • 2019.10.16
  • 17:19

ヴィリーナの支援活動報告2 Power to the moms

Power to the moms

東日本大震災支援活動 vol.1
『Power to the moms』

期間 : 2011年3月18日-2011年4月15日 下記プロジェクトは終了致しました。

ヴィリーナ東日本大震災支援活動

ヴィリーナ マタニティをご利用の皆様へ

はじめに東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
また震災で愛する人を亡くされた多くの皆様。地震や津波などで家族が集まる家や、 仲間が集まる職場を失われた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

現在、使い切りミルクボトルbibiを1008個、おくるみガーゼ等物資を 被災地支援のために保管しておりますが、物資の個別支援は現場を混乱させるばかりか、分配の手間、保管場所、 水や食料といったライフラインの阻害など、現時点では有効な支援手段ではないことが分かりました。 支援ルートを確保出来次第、これら物資は送らせて頂きますが、 まず今、私たちにできる最善の策は何かと考えたとき ネットショップの機敏性を生かせないかと思い至りました。

ホワイトリボンで培った経験上、やはり現場では支援金が必要です。 そこでヴィリーナでは過去に人気を博しておりました、非売品「ホットママ、オリジナルミニトート」 を再度生産し、できる限り販売し、その売り上げのすべてを寄付させて頂くことで、ご協力させて頂ければと考えております。

今、被災地では、わたくし達と同じ沢山のママと子供が満足な水やミルク、暖をとる事も叶わず非常に苦しんでいらっしゃいます。 節電や不必要な買占めなし、被災地以外の地域では経済活動を滞らせない等、各家庭や個人でも、 協力できることは様々ございます。 ヴィリーナでは、今後も変わらず明るく元気にマタニティやベビーグッズを販売させて頂くことで、 社会に貢献し、被災地支援の一助とさせて頂ければと考えております。 また(財)ジョイセフを通じての海外への1%寄付も変わらず続けて参ります。

その上で今回は、被災地の復興支援と致しまして、トートバッグ販売を可及的速やかに行い、 支援金を募り、1日でも早く現地に送らせて頂きたいと考えております。 まずはできることから始めたい。「ママがママを助ける! 今度は日本で」をスローガンとし、 今回は、この日本で起きた災害と復興支援のために、皆様のご協力をお願いしたい一心でございます。 被災地のママに早く笑顔が戻るように。
日本のママ達を今すぐ助けたい!!!!
Power to the moms!!

ヴィリーナ ジャパン株式会社
代表取締役
青木 愛

  • 2019.10.16
  • 17:19

ヴィリーナの支援活動報告1 支援金累計

All for Moms and Moms to Be!

世界中のママとハッピーを分かち合う

世界中のママとハッピーを分かち合うヴィリーナ

ヴィリーナ マタニティは売り上げの一部を、ジョイセフに寄付する活動をしています。お客様からいただいた売り上げの1%〜5%が、ジョイセフの「ホワイトリボン運動」に焼き立てられています。隣で暮らす、私たちと同じママのために
ジョイセフが推進する「ホワイトリボン運動」に、ヴィリーナと一緒に参加しませんか?

photo by Masako Imaoka

世界の出産と育児の現状

「妊娠中も楽しく、おしゃれに!」と思える恵まれた日本のような先進国がある一方で、出産に立ち会う医者も足りず、清潔なベッドも水もない地域で、困難な出産と育児を余儀なくされている発展途上国がある。そのことを、ジョイセフを通じて知りました。

「ジョイセフによると、世界では毎日1,000人の女性が妊娠や出産が原因で命を落としているそうです。 」

同じ地球、同じ時間を生きている女性同士なのに、この差はどうして生まれるのでしょう? 日本で出産し、ママになるということは、実はとても恵まれています。私どもの「輸入マタニティのネット販売」も、そういった恵まれた環境があってこそのビジネスです。

片や、着るものなど二の次。命がけで出産をしなければならないママ達が、同じ世界に生きている。これは同じママとして、どうしてもほっておけません! そんな気持ちからヴィリーナのチャリティー活動は始まりました。

例えば、15,000円お買い上げの方は、自動的に150円、寄付していただいたことになります。

チャリティーに興味があっても、なかなか“きっかけ”がなかったり、忙しい日常生活や育児の間で、つい後回しになりがちです。そこでヴィリーナでは、通常のお買い上げ金額の1%、イベントやコラボ商品によっては5%が自動的に、ホワイトリボン運動に寄付されるようシステム化しました。

もちろんジョイセフのサイトから直接、募金することもできます。ご興味のある方は、ぜひジョイセフのサイトをご覧になってください。

ジョイセフのホワイトリボン運動はこちら
ジョイセフへの募金はこちら

「1%」は決して多くはありませんし、企業として「チャリティーをしています」と胸を張れる数字でもございません。ですが、長く続けることを第一に、できることから少しずつと考えた結果、1%と設定をさせていただきました。このことはサイトをアップした最初の月からスタートし、また今後も続けていきたいと思っております。

「ママたちを笑顔にする活動を続けている」ジョイセフに、ヴィリーナ ジャパンは皆様といっしょに参加したいと思っております。

ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


ヴィリーナ ジャパン株式会社
代表取締役
青木 愛

2019年6月末までの支援金累計

20,416,485円

photo by Keiko Oda

注文をいただいた商品といっしょに、ジョイセフのホワイトリボン運動に関する小冊子やカードをご希望の方に同封しています。ご注文時に表示される「チラシをいる、いらない」ボタンで、ご選択ください。

ジョイセフとは
ジョイセフ(公益財団法人)は、途上国の妊産婦と女性の命と健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGOです。 戦後の日本が実践してきた家族計画・母子保健の分野での経験やノウハウを途上国に移転してほしいという国際的な要望を受け、1968年に設立されました。国連、国際機関、現地NGOや地域住民と連携し、アジア、アフリカ、中南米で、保健分野の人材養成、物資支援、プロジェクトを通して生活向上等の支援を行っています。2011年3月の東日本大震災以降は、被災地の妊産婦・女性支援も実施しています。
ジョイセフ

ジョイセフ

  • 2019.10.16
  • 17:08

世界中のママと"ハッピー"を分かち合う

All for moms and moms to be ! 世界中のママとハッピーを分かち合う
ジョイセフとは
ヴィリーナ マタニティ支援金累計金額
これまでの活動実績
石巻×VIRINAプロジェクト power to the MOMs



photo by Masako Imaoka


注文をいただいた商品といっしょに、ジョイセフのホワイトリボン運動に関する小冊子やカードをご希望の方に同封しています。ご注文時に表示される「チラシをいる、いらない」ボタンで、ご選択ください。

photo by Keiko Oda
「妊娠中も楽しく、おしゃれに!」と思える恵まれた日本のような先進国がある一方で、出産に立ち会う医者も足りず、清潔なベッドも水もない地域で、困難な出産と育児を余儀なくされている発展途上国がある。そのことを、ジョイセフを通じて知りました。

ジョイセフによると、世界では毎日1,000人の女性が妊娠や出産が原因で命を落としているそうです。

同じ地球、同じ時間を生きている女性同士なのに、この差はどうして生まれるのでしょう? 日本で出産し、ママになるということは、実はとても恵まれています。私どもの「輸入マタニティのネット販売」も、そういった恵まれた環境があってこそのビジネスです。

片や、着るものなど二の次。命がけで出産をしなければならないママ達が、同じ世界に生きている。これは同じママとして、どうしてもほっておけません! そんな気持ちからヴィリーナのチャリティー活動は始まりました。

チャリティーに興味があっても、なかなか“きっかけ”がなかったり、忙しい日常生活や育児の間で、つい後回しになりがちです。そこでヴィリーナでは、通常のお買い上げ金額の1%、イベントやコラボ商品によっては5%が自動的に、ホワイトリボン運動に寄付されるようシステム化しました。例えば、15,000円お買い上げの方は、自動的に150円、寄付していただいたことになります。

もちろんジョイセフのサイトから直接、募金することもできます。ご興味のある方は、ぜひジョイセフのサイトをご覧になってください。

ジョイセフのホワイトリボン運動はこちらから
ジョイセフへの募金はこちらから



「1%」は決して多くはありませんし、企業として「チャリティーをしています」と胸を張れる数字でもございません。ですが、長く続けることを第一に、できることから少しずつと考えた結果、1%と設定をさせていただきました。このことはサイトをアップした最初の月からスタートし、また今後も続けていきたいと思っております。

「ママたちを笑顔にする活動を続けている」ジョイセフに、ヴィリーナ ジャパンは皆様といっしょに参加したいと思っております。

ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


ヴィリーナ ジャパン株式会社
代表取締役
青木 愛



2018年11月末までの支援金累計

19,295,635円


ジョイセフとは・・・

ジョイセフ(公益財団法人)は、途上国の妊産婦と女性の命と健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGOです。
戦後の日本が実践してきた家族計画・母子保健の分野での経験やノウハウを途上国に移転してほしいという国際的な要望を受け、1968年に設立されました。国連、国際機関、現地NGOや地域住民と連携し、アジア、アフリカ、中南米で、保健分野の人材養成、物資支援、プロジェクトを通して生活向上等の支援を行っています。2011年3月の東日本大震災以降は、被災地の妊産婦・女性支援も実施しています。
ホームページはこちらから!

便利な目的別検索





















WEBショップカレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • メンテナンス2:00~8:00


お問合せ先

WEB SHOP
0120-916-631
平日:10時~17時
info@virinamaternity.com
ヴィリーナ広尾本店
0120-916-442
月~木:10時~18時
金:10時~19時
土日祝:11時~18時
virina-hiroo@virinamaternity.com
insta:@virina_hiroo
ヴィリーナ阪急うめだ本店
06-6313-2172
日~木:10時~20時
金・土:10時~21時
大阪市北区角田町8番7号
阪急うめだ本店 11F

insta:@virina_hankyuumeda

ヴィリーナ銀座三越店
03-3535-1749
10時~20時(日曜日は19:30まで)
東京都中央区銀座4-6-16
10階 M’sエンジェル
insta:@virina_ginzamitsukoshi

お問合せ先

ページトップへ